ドンムアン空港へバス移動、空港のシャワーとラウンジ(2018冬 タイその⑦)




モーチットからドンムアン空港へバス移動

さてさて、BTSとバスを乗り継いでドンムアン空港へ移動です。

モーチットマイ駅に着きました。改札を出て左。

橋を渡って突き当り左の階段を降ります。すなわち北方向に向かう道路の脇に降りればいいのです。

するとこんな感じでバス乗り場になっています。数台バスが止まっており、とっかえひっかえ次々と発車して行くので、目立つと思います。

A1,A2の掲示だけ綺麗です。エアコンバスで30B、混んでなければ30分くらいです。混んでなければ。




簡易ホテル「sleeep box(スリープボックス)」でシャワー

ドンムアン空港にできた「sleeep box」(誤字じゃないよ)という簡易ホテルでシャワーを浴びます。受付を済ませると、おばちゃんが空港の壁にある入り口の扉を開けてくれます。

料金は時間制で、一晩泊まると結構高くつきます。シャワーだけだと300バーツでした。

シャワーだけでもこんな感じでひと部屋あてがわれてしまいます。「box」とついているのでカプセルホテルのようなイメージをしていましたが、狭いビジネスホテルという感じです。

テレビもあります。

アメニティも一通りありますし、新しいからかかなりきれいです。

絶賛拡大工事中のようでした。




プライオリティパスで入れるラウンジ

この時はチェックインで時間を取られてしまいましたが、ドンムアン空港の国際線ターミナルにもプライオリティパスで入れるラウンジがあります。

LCCの深夜便への搭乗ということもあり、それなりに飲み食いしてから去りました…。

この後エアアジアで帰国しました。

この辺にしときます。

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村