インドのイメージで良くない部分

この手の事件がよくニュースで取り上げられてインドの印象を悪くしています。
当然、事件を起こした男が悪いです。

インド北部で日本人女性に性的暴行 タクシー運転手逮捕

マナーリーといえば、北部の観光地のひとつです。
知り合いのインド人が、よく旅行するところだと話していました。

日本人だけでなく、他の国の外国人旅行者もしばしばこういった被害に巻き込まれているみたいです。

インドでは、ロクな教育を受けていない人、婚前交渉が禁止されているために性の捌け口が無い人などが一定数おり、そんな人がレイプに及ぶケースが多いです。それでもどんな理由があろうとも、レイプする人は悪です。

こうした事件が起こるたびに残念なことに、女性一人での旅行は危険だとかとか言われています。

ですが実際、私がインドを旅行していたときも一人旅の日本人女性は思っていたよりも居た印象です。ほんとに勇気を持った方だと思いました。一方で、悪質な旅行会社でトラブルに巻き込まれてしまう旅行者の方も多いです。これは女性に限らず。

とはいえ、いくら相手が悪いと言っても自分の身は自分で守らなければいけません。
詐欺やスリに関しても同じです。 自分で気をつけるしか無いのです。

ガイドブックを読み込んで過去トラブル事例や危険地域などを把握する、知らない人についていかない、声を掛けてくる客引きは疑ってかかる、など非常に有効です。

インドは不思議な魅力に溢れた国なので、「危険だから行くな」と言われても行ってしまう旅行者が絶えないのは理解できます。行くのは良いが油断は絶対にしてはダメ、ということです。

もし自分の娘がインド旅行に行くと言い出した時には(いつかな?)、反対はしないと思いますが、もう少し治安は良くなっていてくれたらいいなと思います。