クラビの宿、クラビ→ピピ島の移動とピピ島上陸(2018冬 タイその②)




クラビのホテル 深夜到着でもOK

深夜にクラビの空港に到着した続きです。クーポンタクシーの窓口が開いていたので、そこで価格交渉していた中国人女性と相乗りで街へ。深夜料金が加算されて一人600バーツでした。

Marina Seaview Krabiというホテルに宿泊しました。

中心地より少し離れていますが、広くて、wifiも速い。深夜到着でも24時間チェックインに対応しており、値段も750バーツと手ごろでした。

こんな感じ。




ピピ島への移動、フェリーの様子とか

翌朝はピピ島へ移動です。本当なら事前に旅行会社でチケットを買えば市内から港までの送迎が付いてお得なのですが、深夜到着でそんな時間もなかったのでそのまま港へ向かいます。

その前に腹ごしらえしたいなあと。街をプラプラ。

ねこ。かわいい。

一応バスも走ってます。

安心のファミリーマート。ファミマとセブン、結構田舎に行ってもあるイメージがします。

朝食のパンやら船の中でつまむためのお菓子を購入、そしてこの元祖レッドブルも。

9時の船に間に合わせるべく、適当なバイタクの運ちゃんを捕まえ、交渉して60バーツで港へ行ってもらいました。10分くらいで着きます。スーツケースを抱えてバイクの後ろに乗るのは危ないです。お勧めしません笑

港着。

かっこよく?改造されたハイエース。タイは本当にハイエースが多いです。旅行会社のハイエースがとっかえひっかえ到着して、旅行客を下していきます。

で、あっさりチケットを購入。帰りのチケットを買うことをすすめられますが、ここで買うとピピ島で買うよりも50バーツ~100バーツほど高く、港から市内への送迎が含まれないので、、帰りのチケットはピピ島で買うようにしましょう…。

長い桟橋?を通って船へ。

割と見た目は立派な船です。ただ、大きな荷物はデッキに無造作に積み上げられてしまいます。波しぶきが多少かかるし、何より降りる時に荷物を引き取るのが結構大変です。。。

中は板張りでこんな感じ

追加料金で座れるソファーのシートや、値段の高い売店もあります。この船に約2時間。波はあまり高くありませんでした。

行きの船は結構混んでいました。

ピピ島に到着。港の目の前にマクドがあります。ピピ島にもマクドナルドがあるんですね。ちなみにこの近くにATMや両替所があります。

街や海の写真はまた次回以降に~。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村