フランクフルト空港でリモワ購入と免税手続き、アシアナ航空のA380で帰国(2017夏 ドイツその⑩)




フランクフルトの空港でRIMOWA購入と免税手続き

フランクフルトの空港へ戻ってきてしまいました。どこか懐かしいパタパタする表示板。向かうはLufthansa WorldShop。Bの制限エリアに入る手前に店があります。目当てはリモワのスーツケース。

丁度機内持ち込み用のスーツケースが欲しかったので、いろいろ迷った挙句やっぱり軽そうなAirlight Collectionを購入。ぁぁ747-8シリーズもかっこ良かったなぁぁ。

次に免税手続き。カウンター自体はお店から見える位置にあるので、聞くと店員さんが教えてくれると思います。

まずは、この列に並び、品物の確認と預ける荷物の場合はここで預入れとなる。そして別のすぐ横のカウンターで支払い手続きを受ける。都合2回列に並ぶことになります。

ちなみに、航空券はこの時点で手元にないといけません。数十分並んだ後に航空券がないために列からはじき出される人もいました。

中国人たちはどこに行ってもたくさんいる。

まとめると、以下のようになります。

1.最初に買い物をする
2.免税用紙を店から発行してもらう
3.航空会社チェックインカウンターに行き免税手続きする荷物タグを貼ってもらった後、免税品を引き戻す。免税手続きしない預け入れ手荷物がある場合はこの時点で免税手続きしない荷物だけを預ける
(”Tax Refundするので”と言わないと、通常の荷物のようにベルトコンベアーに流されてしまうので、きちんと宣告する。カウンターの職員もわかっていることなので、荷物に手荷物タグを貼って荷物を戻してくれる。)
(免税手続きする荷物を機内持ち込みする場合は、コレは最初にやってもいい)
4.免税手続きする荷物をカスタムに持って行き、荷物をカスタムに確認してもらう。飛行機に預ける場合はここで預ける
5.Premier Tax Freeのカウンターに行き、免税分を返金してもらう

ぜひ本場でお得に購入し、免税手続きでもっとお得にリモワを入手してほしいと思います。




アシアナ航空A380で帰国

お買い物の後は搭乗ゲートに移動。アシアナ航空の仁川⇔フランクフルト便はA380なので、付近にはすごい人の数。。。

でかいです!私の席は2階でしたが、搭乗橋で2階に直接乗り込んだので、2階の感はあまりなかったです…。

機内。

機内食1回目はビビンバ!以前大韓航空でもビビンバを食べましたが、どちらもおいしかったです。

2回目は朝食で洋食。これもおいしくいただきました。

ソウルからはA330でした。A380と比べるとひと世代前、往路のA350と比べるとふた世代前の感じです。世の中のサイクルは早いですな…。

豚丼。韓国の航空会社の機内食はなかなか外れがないです。

この辺にしときます。
ギリシャ・ドイツ旅行記はこれでおしまいです

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村