バンコク郊外観光!線路脇のメークロン市場と水上マーケット(2013夏 タイ②)

タオ島からバンコクにやってきた次の日は、「サワディー・アンコール・ツアー」という日系のツアー会社で手配したツアーに参加し、メークロン市場とアムパワー水上マーケットを観光しに行きました。

朝のカオサン通りの近くのバス停。通勤客でごった返していました。

サワディー・アンコール・ツアーで扱っているツアーはかなり格安です。安い代わりに、日本語ガイドが用意されていなかったり、なんか微妙に段取りが悪かったりすることがありました。流石にはぐれたりはないのですが…。

宿の前からガイドに連れられ、トボトボとカオサン通りに集まります。謎に30分ほど待ち、行先ごとにハイエースに分乗します。




線路脇に野菜が広がるメークロン市場

まず最初の目的地はメークロン市場です。1時間半ぐらいで到着しました。

もちろん鉄道で行けますが、一日に4往復しか走っていないので、鉄道で行きたい方は要下調べです。もし次に行く機会があれば鉄道で行ってみたいです。

「1時間後にここに集まれよ」とやや無茶ぶりを受けて一時解散します。

これランブータン。南国フルーツ大好きなのですが、まだ食べたことがありません。。

海が近いようで海の幸も並んでいます。深圳かどうかは果たして…?です。

ぼけーっと線路を歩いていたらメークロン駅に着きました。

切符売り場とか。

駅の壁に写真が貼ってあったので、もしうまく写真が取れなかった時のためにと写真を写真に撮っておきました。

今度は逆方向に歩いて、市場の橋に向かいました。大体ゆっくり歩いて10分くらいで端まで行けたように思います。

線路の間でのんきに眠る猫。







少し市場の中ほどに向かって、列車の通過を観察することにしました。

遠くから汽笛が聞こえ、店のテントをたたむのが見えると列車が近づいた証拠。

来た!

人が走るくらいの速度で近づいています。

ちなみにコレ、日本製の車両みたいですね。

近い!

野菜などの「上」を車体が通ります。牽かれないギリギリを狙って陳列されています。

列車は短いのですぐに通過してしまいました。

実に見事に野菜が並べられています。

列車が通り過ぎると速攻でテントが出てきます。

どちらかといえば怠惰な性格で知られているタイの方々ですが、機敏で計算高い一面も見ることg出来たような気がします。面白い写真も撮れて満足です。




水上マーケットでは雰囲気を楽しもう

続いてアムパワー水上マーケットに移動。20分ほどの遊覧を楽しみました。たまに船を横付けしてきて土産物等を売る人が居ましたが、高い…。

売っているものも街中とさほど変わらず、値段も少し高いので、あえてここで買う必要もないかなと思います。雰囲気を楽しめばいいかなと思います。

とはいうもののマンゴーに手が伸びてしまいました。船着場の横のベンチに腰掛けて食べ明日。マンゴー、日本じゃなかなか気軽に食べられないですからね。

そんな感じのツアーでした。

夜のカオサンの猫。暑いよな。

ビール瓶でパフォーマンス?している人。絶妙で微妙なバランス感覚でした。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村