ANAのB767ビジネスクラスで上海→関西

空港近くのホテルから空港へ向かいます。前夜、タクシー乗り場から乗ったタクシーの運ちゃんに「5分で着くやろ、なんでタクシーの乗るねん」となぜか怒られました。知らんがな。

でも本当に5分で着くので早朝、深夜便に乗る時には楽ちんです。




上海浦東空港のエアチャイナラウンジ

今回はマイレージでビジネスクラス利用~ということでラウンジで寛ぎます。

北京のラウンジはプライオリティパスでも入れますが、ここ上海浦東のラウンジはプライオリティパスは使えません。

エントランスを入るといきなりエスカレーターが。一階にはバーカウンターが、二階にはダイニングエリアがあります。

朝ごはんを食べていないので、いきなり二階のダイニングエリアに来てみました。

正直あまりおいしくないです。。日本行きの客を意識してか、寿司?的なものもありましたが…。食べれるのはブレッド類やフルーツ、ウインナーといった朝食メニューくらいでした。

そそくさと食事を済ませた後はテキトーに座ってのんびりしてました。このラウンジ結構広いです。冷蔵庫が数か所にあり、わざわざダイニングエリアに行かなくとも缶の飲み物が飲めます。

マッサージチェアも有り、またwifiもそれなりに使えます。閲覧できるサイトはどうしても限られますが。。

こちらは一階のバーカウンター。

ゲートが少し遠いので、早めにラウンジを出ました。

窓の外を見てみると、飛行機の渋滞ができています。。。嫌な予感。。。







上海→関西線のB767ビジネスクラス

上海から関西行のB767は古いタイプの機材です。シートはさすがにゆったりしています。ただ、短距離じゃいいかもしれませんが、中距離以上だと厳しいですね。電源もないし、モニターも出し入れしにくくて画質も良くないです。

なかなか動きません…。機長によると、案の定、空港混雑で離陸が遅れるとのこと。

なかなか動きません…。後発予定の隣のアシアナが先に出ていきます…。リクライニングの使用許可が出たり、飲み物やあられが配られたりしました…。

リクライニングの操作はこんな感じ。電動で細かく調整できます。試しに一番後ろの席だったこともありリクライニング全開にしてみると、いつのまにか寝てました…。

CAさんにリクライニングを戻してください、と起こされたのでメニューでも眺めてみます。関西までのフライトは1時間40分程度、食事はチョイス無しのワンプレートです。

比べるもんではないですが、往路のエコノミーの鮭弁当と比べるとえらい違いです。

最後にお茶とデザートの大福。

お茶をすすっていたらもうすぐ着陸。イタリアの旅ももうすぐ終わりです。

この辺にしときます。
 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村