グレートバリアリーフでダイビング!そしてケアンズの街を散歩(2013 オーストラリア⑤)




カンタス航空の小さいジェット機に乗ってケアンズに着きました。

ブレてますが、グレートバリアリーフの美しい海を連想させる装飾がされています。

ケアンズ空港から町はとても近く、車で15分くらいの距離です。シャトルバス乗り場でホテルの行先を伝えると前までいてくれました。名前は忘れましたが海沿いのゲストハウスのドミトリーに宿泊しました。

ケアンズに着いた日の翌日は早速スキューバダイビングに出掛けました。

TUSAダイブというお店にお世話になりました。船にはシュノーケリング、体験ダイビング、スキューバダイビングの人が混載でした。

2ダイブで少々お値段張りましたが、船には日本人ガイドの方もおり、船も大きめで、クルーの方がフィンまで履かせてくれるという、海外初ダイブだとしても安心できる環境が整っていました。

潜ったのはこんな感じの所。ウミガメを見た人もいるそうですが、私は見れませんでした。

昼休み。日本人も何組かいましたが、白人の観光客がかなり多いです。

水中カメラがなかったので水の中の様子があまり思い出せないのが残念です…。
ハイタッチでお別れ。

この時点で3時半くらいだったので少し散歩しました。



近所の大きめのスーパーマーケットに来ました。オーストラリアの場合は街や店によって価格に差があり、同じものでも個人商店で買うよりもスーパーで買う方が安く上がります。

マカダミアナッツをはじめとするナッツ類はこの辺りの名産品でもあるようです。

オージーの国民食?ベジマイトが大量に。ちなみに私は個人的には嫌いです。。。

マンゴーグリーンティー?おいしかったです。

多分このスーパー行った。




途中のマクドナルドでおじさんがカラフルな鳥を肩にのっけて新聞を読んでました。
目が合ったのでひと声かけて写真を撮らせてもらう。

海沿いに来ました。実はここら辺の海岸はあんまり綺麗でなく、海水浴も出来ません。サメなんかも出るみたいです。船で沖合に行ってシュノーケリングやダイビングを楽しむのが一般的です。

そんな海に代わって造られたのがこちらの人口プール、「エスプラネードラグーン」です。

無料です。

トイレや簡素な更衣室もありました。

…マジか…。

続いてショッピングセンターに入ります。和訳すると「逃げる旅」

何から逃げるんでしょうか…?現実から…?

教育テレビの着ぐるみショー的なものをやっていました。

夕食はフードコートでからあげ丼。

実はこの量で1000円以上もします(!)オーストラリアは人件費が高く、それがモロに価格に乗っかってきます。ですが、オーストラリアに来る前にフィジーに1か月ほど滞在しており、この時は日本食の誘惑に勝てませんでした…。フィジーでも日本食レストランに行っているのですが。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村