ポイントサイト、お勧めの「ハピタス」の紹介

マイルってなかなか貯まらないですよね。前にもちょろっと書きましたが、提携クレジットカードを使って貯めようとすると、かなりの額を決済しなくてはなりません。例えば、還元率が1%だとすると、50万円分決済してようやく5000マイルです。これは、ANAだとローシーズンに片道国内線の航空券にしかなりません。

フライトで貯めるのも、出張や単身赴任等である程度頻繁に飛行機に乗る方でないとなかなか貯まりません。

効率的にマイルを貯めるのは難しいですね。マイルを貯めるのであれば、マイルにも有効期限がありますし、短期間で大量に貯めたいところです。

ポイントサイトの紹介

「マイルを短期間で大量に貯める」というのを実現してくれるのが「ポイントサイト」というモノです。

ポイントサイトは、いわば広告バナーを集めたサイトのようなもので、ポイントサイトで扱われているサービスの広告を経由してそのサービスを利用することで、サイト独自のポイントを貯めることができます。

例えば、楽天市場での買い物をポイントサイトの1つであるハピタスを経由して行うと、1%のハピタスポイントがもらえます。このポイントは楽天ポイントとは別ものです。具体的には、ハピタスのサイト内で楽天市場のバナー広告を探し、それをクリックして楽天市場のサイトにとんだ上で買い物をするといいです。

このようにして貯めたポイントサイト独自のポイントは、クレジットカード決済で貯めたポイントと同様に、マイルに交換できます。これを利用してどんどんマイルを貯めていきます。

ポイントを大量に稼ぐための使い方

ポイントサイトでは、お買い物でポイントを貯めていくこともできますが、やはりそれではなかなかマイルは貯まりません。

しかし、ポイントサイトには、一度の利用で大量のポイントを獲得する方法があります。

その案件がクレジットカードの新規発行とFX口座の新規開設です。これらの案件を利用すれば、一度に1万円相当もしくは、それ以上のポイントを獲得できることもあります。

私も実際にハピタスを通して、楽天プレミアムカード等、複数のカードを申し込みました。楽天のキャンペーンのポイントのほかに8000ポイントのハピタスポイントを獲得しました。(ちなみに時期によって獲得ポイントが変動したり、広告そのものの掲載期間が存在したりします。)

では、クレジットカードの発行やFX口座の開設をすると、なぜ大量のポイントが貰えてしまうのでしょうか。

広告費ってありますよね。TVのCMであったり、新聞チラシであったり。クレジットカードやFXの会社も当然多くの利用者を獲得するために費用をかけて広告を出します。これらのクレジットカードとFXに関しては、一度登録して貰えば、その後も継続的な売上が見込むことができ、企業としてもそれを望んでいます。広告費用の一部を私たちポイントサイトの利用者に還元してくれる、というのがポイントサイトでポイントを貯める時の構図ですが、とりわけこれら2つの案件に関しては、自分たち会社の利用者数を増やすために、企業が多額の広告費を使い、それを私たちに多額のキャッシュバックをしてくれているというわけです。

ポイントサイトの利用は完全無料!

ちなみに、ポイントサイトの登録及び利用は無料です。ポイントサイトは商品やサービスを提供する広告主からの広告費用などで運営います。

また、クレジットカードを申し込む場合、年会費無料のもの選ぶと完全無料でポイント(=マイル)が手に入ります。

年会費が必要なカードでも、初年度年会費無料のものもありますね。この場合、申し込んでから1年が経つ前に解約すれば支払いはゼロです。ただ、あまりに短期間に多くのカードに申し込んだり、入退会を高頻度で繰り返したりしていると、一時的に審査に通りにくくなるみたいです。やはりクレジットカードなので…。

また、FXの場合も新規に口座を開設するだけならお金はかかりません。ただ、ポイントッサイトのポイントを獲得するための条件として取引する必要があることが多いので、FX取引による損失が発生するリスクはあります。(私はまだそこら辺勉強できていないので手を出していません…。)

最初のポイントサイトにおすすめ

ポイントサイトといってもたくさんあるのですが、初めて利用する方には、「ハピタス」がオススメです。私が初めて利用したポイントサイトもハピタスでした。シンプルな作りでわかりやすいと思います。

ハピタスの登録はコチラからどうぞ
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
上記バナーから登録するだけで30ポイント(30円相当)獲得できます。

次回は、大量に貯めたポイントサイトのポイントをどうやってマイルに変えていくか、まとめたいと思います。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村