セブ市内観光の定番、サントニーニョ教会とかサンペドロ要塞を観光(2016セブ島⑦)

セブ島最終日は飛行機の出発まで市内観光をしました。といっても、観光したのは午前中だけで、あとはアヤラモールでだらだらぐったりしていましたが…。

フィリピンの庶民の足、ジープニー。これには乗りませんでした…。

マゼランクロスとサントニーニョ教会、フィリピンにキリスト教が根付いて400年

まずは宿の前から流しのタクシーを拾って、マゼラン・クロスに来てみました。

こちらが何も言わなくてもメーターを使ってくれましたが、なんか若干遠回りされた気がしなくもないです。一方通行?渋滞回避?まぁいいや。

お堂の中には、世界一周を成し遂げたマゼランを記念した十字架があります。現地の人々がキリスト教の洗礼を受けたのがこの場所だそう。

マゼランによって十字架が建立されたのですが、それを煎じて飲めば病が癒えるという迷信が広まり、住民が十字架を少しずつ削っていったため損傷が激しく、現在は金属製のカバーで覆われています。




その後はすぐ隣のサントニーニョ教会に来てみました。ここでは日曜日の午前中にミサが開かれ、大勢の人が集まるみたいです。

こちらの中ではお祈りしていた方が十数名いました。見学しただけ。

なぜか大きな風船を売っている人がいます。需要あるの?

外に出てみました。ローカルな商店街や屋台が広がっています。治安がすごく悪いってわけではなさそうですが、なんとなく気を付けた方が良さそうですね。

少し北にあるセブ・メトロポリタン大聖堂に来てみました。ちょっとだけ休憩しました。涼しかったです。

ここだけ見たらヨーロッパに来たみたいです。

独立広場とセブ観光の定番、サンペドロ要塞

またまた5分くらい歩いて独立広場に来ました。

シンボル(?) 初代スペイン総督ミゲル・ロペス・ド・レガスピに捧げられた塔らしいです。

暇そうなおっさn…警備員さん

銅像が立ってます。初代スペイン総督「ミゲル・ロペス・ド・レガスピ」の銅像です。

スペインの大航海時代を垣間見れます。こちらはキリスト教のモニュメント。

独立広場というものの、独立を象徴するようなものは見当たらなかったです。。。

そして、独立広場からすぐ見えるところにあるセブ島市内観光でマストなサンペドロ要塞に来てみました。要塞の正面です。入場料30ペソ。

高い石造りの城壁の上も上がることもでき、舗装として整理されています。これは見張り小屋??

大砲も要塞の外に向けて何台か設置されています。

資料館のコーナー。

城壁内は綺麗に整備されており、木陰でちょっと休憩できるようなスペースもあります。一回りするなら15分くらいで見て回れますが、散歩や休憩がてら行ってみてもいいと思います。

ちなみに、ここら辺の広場の下は、日本のODAと日本の建設会社が建設したトンネルが通っています。この道路は広場の中を通る予定だったそうですが、広場を保存するため道路を地下に通したそうです。車で通りましたが写真は撮り忘れました…。

次回は帰りの飛行機の事について書きたいと思います。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村