テキトーに陸マイラーして10万マイルくらい貯めたので整理する(基礎知識)

突然ですが、みなさんマイレージカードって持ってますか。もともとポイントカードみたいなのが大好きで、何度目かの海外旅行でANAのマイレージカーを作ってました。で、就活での移動を新幹線から飛行機に変えてみたりして、ちまちまと貯めてみたものの、全然たまらない…。出張族でもなければ、旅行も頻繁に行くわけではないですからね。提携クレジットカードなんかも作ってみたりもしたのですが、それこそ50万円とか100万円とかクレジットカードで決済してようやく国内線の特典航空券に交換できる程度ですから、そうそうマイルが貯まるわけもなく…。

そんな時に出会ったのがいわゆる「陸マイラー」活動です。私はこれに出会ってからゆるゆると約10万マイルを貯めました。ちょっとは飛行機に乗って貯めたマイルもありますが、ほとんどが飛ばずに貯めたものです。

今じゃ少し使っちゃいましたが、せっかくなので、備忘録がてらブログにまとめてみようと思います。

マイルとは? マイレージとは?

飛行機に乗ると、特典と交換できるポイントみたいなもんです。

ラーメン屋さんとかにも、ポイント制度はありますよね。「スタンプが貯まったら割引券」みたいな。

いわば、顧客の囲い込みを狙ってこういうサービスが行われています。ちなみに、航空会社のマイレージサービスは飛行距離が基準になっていることがほとんどなので、長さの単位をとって「マイル」という言葉を使っているみたいです。
script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>


マイルを使ってできること

飛行機に乗れます(笑)

例えば、ANAのマイルでレギュラーシーズンにアメリカを往復しようとする場合、

エコノミークラス…50000マイル
ビジネスクラス…85000マイル
ファーストクラス…150000マイル

で特典航空券と交換ができます。

さらっと書いてしまいましたが、

エコノミークラスの必要マイル数の1.7倍でビジネスクラスに乗れちゃいます。
そして
エコノミークラスの必要マイル数の3倍でファーストクラスに乗れちゃいます。

この辺がマイレージプログラムの魅力だと感じるところです。

お金を出して航空券を購入する場合、エコノミークラスの1.7倍のお値段でビジネスクラスのチケットはなかなかないと思います。 エコノミークラスの3倍の値段でファーストクラスなど、もっての外ではないかなと…。

てなわけで、試しに適当な日付で東京-ニューヨーク往復のANAファーストクラスの値段を調べてみました。

無理っす。

アライアンス(航空連合)のお勉強

ところで、マイルを貯める時に重要になる「Alliance アライアンス」って知ってますか?日本語では「航空連合」といいます。
日本じゃANAは「Star Alliance (スターアライアンス)」、JALは「oneworld(ワンワールド)」にそれぞれ加盟しています。これに「Sky Team (スカイチーム)」を加えた3つを、3大アライアンスといいます。

アライアンスの中で共同運航やマイレージプログラムの提携などを行うなど、航空会社同士の協力が世界規模で行われています。

3大アライアンスについて、簡単に見てみましょう。

●スターアライアンス加盟航空会社とその特徴

日本… ANA

欧州… ルフトハンザ航空 スカンジナビア航空 オーストリア航空 アシアナ航空 LOTポーランド航空 アドリア航空 クロアチア航空 TAPポルトガル航空 スイスインターナショナルエアラインズ ターキッシュエアラインズ ブリュッセル航空 エーゲ航空

アジア… タイ国際航空 シンガポール航空 アシアナ航空 中国国際航空 エバー航空 エア・インディア

南北アメリカ… ユナイテッド航空 エア・カナダ アビアンカ航空 アビアンカ・エルサルバドル コパ航空

アフリカ… 南アフリカ航空 エジプト航空

オセアニア… ニュージーランド航空

Star Alliance(スターアライアンス)は最初にできた航空連合かつ、最大の規模を誇ります。世界にまんべんなく加盟航空会社がありますね。ルフトハンザやシンガポール航空など、サービスに定評のあるエアラインが多いですね。

●ワンワールド加盟航空会社とその特徴

日本… 日本航空

南北アメリカ… アメリカン航空 LATAM航空

欧州… イベリア航空 エア・ベルリン S7航空 フィンエアー ブリティッシュ・エアウェイズ

アジア… キャセイパシフィック航空 スリランカ航空 マレーシア航空

中東… カタール航空 ロイヤル・ヨルダン航空

オセアニア… カンタス航空

世界一周航空券とかで周遊する際は南米が強そうですね。一方アフリカには加盟航空会社がありません。中東御三家と呼ばれるエアライン3社のうち、カタール航空をメンバーに加えています。これは他の2アライアンスにはない特徴です。ちなみに、ブリティッシュ・エアウェイズのマイレージプログラムである「Executive Club」を使うと、日本国内路線にJALよりもお得に乗れます。

●スカイチーム加盟航空会社とその特徴

日本… なし

欧州… アエロフロート航空 アリタリア航空 エア・ヨーロッパ エールフランス KLMオランダ航空 チェコ航空 タロム航空

アジア… 廈門航空 ガルーダインドネシア航空 大韓航空 チャイナエアライン 中国東方航空 中国南方航空 ベトナム航空

アメリカ… アエロメヒコ航空 アルゼンチン航空 デルタ航空

アフリカ・中東… ケニア航空 サウディア ミドルイースト航空

東アジアに加盟航空会社が多いです。デルタ航空は世界最大の航空会社と言われており、広大なネットワークを築いています。日系の会社が加盟していないため、どうしても忘れがちな(すんません)アライアンスですね。

このアライアンスの中で、マイレージプログラムも提携しているということは、たとえば、ワンワールドに所属しているJALとキャセイパシフィック航空であれば、JALを利用した際にマイルをキャセイのマイレージプログラムに加算したり、逆に、キャセイのものをJALに加算したりすることが可能です。

私はインドに旅行に行った際にスターアライアンスの中国国際航空を利用しましたが、同じスターアライアンスのANAのマイレージプログラムにマイルを積算しました。

参考記事→インドその1 中国国際航空デリー便とパハールガンジ散策(2015インド①)

マイルはできれば一社に集中させたほうがよいので、スターアライアンスの飛行機に乗ったときはANAに加算、ワンワールドの飛行機に乗るときにはJALに加算、といった具合にマイルを集中して加算するといいですね。私はスターアライアンスの飛行機に乗った際のマイルはANAのマイレージプログラムにに、ワンワールドのマイルはブリティッシュ・エアウェイズのものに、スカイチームはデルタ航空のものにそれぞれ加算しています。

ANAは陸マイルがすごく貯めやすいですが、フライトでも貯めています。
ブリティッシュ・エアウェイズはSPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)でバイポイントしてマイルに変えています。こちらもフライトでも貯めています。
デルタ航空のものは、有効期限がないのでとりあえず貯めておこうかなー、という程度。今のところあまり積極的には貯めていません。

参考記事→BAのアビオスとキャセイパシフィック航空は相性抜群!
SPGバイポイント35%offキャンペーンを利用してBAマイルをお得に獲得

マイルを貯めることにおいて、どのエアラインを積極的に利用するか、どのエアラインのマイレージプログラムにマイルを積算するか、という「選択と集中」は非常に重要になってきます。

次回マイル関連の記事を書くときは、もっと具体的な陸マイラー活動の方法について書いてみたいと思います。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村