フィリピンで利用できるSIMをAmazonで購入&設定!アジア諸国でも使える!

最近はSIMフリーのスマホを用いて海外旅行の際でも通信環境を準備することが当たり前になってきましたね。

フィリピンのセブ・マクタン国際空港でもSIMカードを購入できるブースがあり、日本でフィリピンで利用できるSIMカードを用意するよりも安価に購入できるとの前情報がありましたが、設定に時間がかかる、両替もしくはATMで現地通貨を用意する必要がある、ATMの手数料がかかるかもしれない…などなど、気にかかることがいくつかありました。

そこで、今回はAmazonでSIMカードを購入し、アクティベートしてから旅行に出かけることにしました。値段的にはフィリピンよりやや高い程度でした。

今回購入したSIMカードは、シンガポール、マレーシア、インド、ラオス、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、台湾、香港、マカオ、韓国、日本で利用できます。実際に台湾で乗り継ぎの際にも利用しました。

また、日本で利用できるということは、現地に到着してからSIMを入れ替えたり、設定をしたりするようなことをしなくても、日本を出発する前からSIMを入れ替えておけるので使い勝手がいいです!(ただし日本でSIMカードを設定すると、その時点からカウントされるので注意です)

実際に購入してみた

今回購入したのは、AIS Sim2Flyという製品です。
アジア周遊プリペイドSIMカード、上述の国でローミングサービスを利用できます。
周遊向けのSIMカードだけでなく、単一の国で使えるSIMカードもラインナップされています。

アクティベート後、8日間(192時間) 4G・3Gデータ通信が3GBまで高速通信可能です。
3GBを超えると128kbpsに速度制限がかかります。
対応の周波数帯域は4Gは2100MHz、3Gは900MHz・2100MHzです。

Amazonのサイトではパッケージが表示されていますが、実際に届くのは普通の封筒に設定寳保の資料のコピーとnano SIMカード、SIMチェンジャーが入っています。

さいごに

いかがでしたか。

音声通話はできませんがデータ通信では3GBという充分な高速通信の容量があり、価格も現地で購入する場合と同等~2倍程度だと思います。現地で購入や設定する手間を考慮した場合、または複数国を周遊する場合など、検討してみる価値は十分あるかと思います。

次の旅行でも、Amazonなどで目的地のSIMカードを購入できればなぁと思います。

この辺にしときます。

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村