アンマンをぶらり散歩。見所が結構ある(2013ヨルダン⑥)

死海からヨルダンの首都アンマンに着いた夜は、同行者の強い希望でハマム(中東式の公衆浴場)に行きました。

名前は残念ながら失念してしまいましたが、受け付けはこんな感じ。噴水があります。観光客向けのハマムで、20JDくらいして高かったですが、スタッフの案内で着替えた後はザクロのジュースを片手に大きな浴槽やサウナ、垢すりなど廻りました。

上がった後にはミントのチャイのサービスも、行って良かったです。

アンマンの夜はこんな感じ。

ちょっと薄暗いですが治安はいいと思います。

宿の向かいのローマ劇場はライトアップされていました。この後夕食を宿のレストランで食べました。

さて翌朝、出会いがあれば別れもある、ワディ・ラムから3泊を共にした旅人とお別れした後、一人で私の出発まで観光です。こちらはローマ劇場の前から見た街並み。ローマ劇場には入場料がかかるので、また後ほど戻ってきて、ゆっくり入ってみます。

小高い丘の上にある神殿の跡です。

ここら辺は、かつてのローマ帝国の最果ての地だったみたいです。

アンマンの街並みが一望できます。やや無秩序に形成された街が見ていて面白いです。


こちらはキング アブドゥッラー モスクです。水色や青のタイルが非常に印象的でした。ダウンタウンからは少し遠いですが、歩いていけない距離でもないです。

異教徒が入場することができないモスクは多いですが、こちらは中の見学が可能でした。中は非常に厳かな雰囲気が漂っており、ちょっと長居はしにくいです。また、お土産屋さんを通らなければならず、ちょっとウザいです。





街に降りてきてこちらは町中にあるモスク。アル・フセイン・モスクというそうです。近くには市場があり、お土産物も多少売っていました。ちなみにイスラム教徒以外の立ち入りはできないので外から見学です。

車は多いです、運転マナーもあまり良くない…。

近くで売ってた甘いお菓子。チュロスみたいなものに蜜がかかってます。

ローマ円形劇場に入場してみました。こんなところまで柵で囲ってお金をとってしまいますが、まさしく円形劇場しかありません。

記念写真撮ってるおっさん。

ちょっと階段がきついですが、上まで行くと眺めが良いです。

ここでしばらく休んで、空港に向かいました。

これでヨルダンの旅行記を終わりますが、ヨルダンの後は、ドバイを観光したのでその事も追って書こうと思います。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村