アカバで紅海を眺めてスキューバダイビング(2013ヨルダン④)

ワディ・ラムの砂漠のキャンプサイトで朝を迎えました。そういえば前日の夕方に別の車で日本人の男性の旅人がやってきました。

ツアーの車に貼ってあった写真。右の方が社長さんらしいです。

どこからかやってきた猫。中東の猫は人懐っこい猫が多いです。

適当に愛想を振りまいた後は満足したのか帰っていきました。

あしあと

一気に飛びますが紅海に面した街、アカバの町はずれに来ました。

砂漠キャンプからツアー会社に戻り、欧米人旅行者2人と日本人の旅人の計4人でタクシーをシェアしてアカバに来ました。街の中心部より車で南に5~10分ほど走った、安宿とダイビングショップが集まるエリアに日本人男性と二人で部屋をシェアして泊まりました。

夕食に訪れたレストランの写真。食後の写真で恐縮です。。
猫がテーブルの上に乗っちゃっています。日本じゃちょっと考えられないですが…。

膝に乗っても何も出ないぞ。

コーヒーよりネスカフェの方が高いという不思議。。




この辺に泊まったような気がする。

朝です。ちょっと散歩してみました。海がきれいです。ちなみにアカバに着いた日にはダイビングをしました。12月なので寒かったですが、青い海は綺麗で湾のためか透明度も良く、ウミガメにも出会えました。エジプトのダハブとかでも潜ってみたいですね。

公園みたいになっていました。早朝なので誰もいません。。。

この日はタクシーを二人でチャーターして死海経由でアンマンに行きました。宿を8時ごろ出発してぐんぐん北上します。料金は二人で70JDだったと記憶してます。

いよいよ死海に向かいます。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村