猴硐猫村で猫と戯れる(2015台北⑥)

猫村の最寄りの猴硐駅に着いたところからです。文章少な目、猫写真多めで行きます。

この辺りには以前から猫が多かったようですが、6~7年ほど前から観光地として注目され始め、世界の猫好きが集まるようになったみたいです。
img_0984

帰りの電車はあまり多くないので事前にチェックしておきましょう。

img_0993

早速猫の駅長?が迎えてくれます。ちなみに猫が多いエリアは(おそらく)この出口と反対側です。

img_7552

注意書き?の看板

img_7555

何に使うものでしょう?これは。でもとにかく可愛いです。

img_7548

犬もいます。。。

img_7550

さて、改札に戻って陸橋を渡って猫を探します。すると早速。います居ます。

img_7558

寝てる。

img_7559

寝てます。

img_7563




寝てますね。

img_7565

また寝てる。。。

img_7567

だらー

img_7568

この人も寝てますね。

img_7569

お手を失敬。モフモフしたい…

img_7571

お鼻。

img_7572

耳。

img_7573

これだけ近づいてもリラックスしてます。

img_7576

ちょっと取り込んでますね。

img_7578

ラブラブ?

img_7579

そんなところで寝たら危ないよ~

img_7588

「シュッ」てしてるのはこの一匹だけでした。

img_7585

猫ってホントに気ままで、猫の方から「遊んで~」と寄ってくる子は少なかったかな。誰が来てもお構いなしで寝ている猫が多かったです。でもどの猫も人に慣れていて、自分から寄ってこない子でもほとんどの猫が撫でさせてくれました。

さて、この後は電車で瑞芳駅へ戻り、九份へ戻ります。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村