クルラ航空でヨハネスブルグへ、そしてキャセイパシフィック航空のヨハネスブルグ発便(2016南アフリカ⑩)

南アフリカの観光を終えて、帰りの飛行機のお話です。

ケープタウン→ヨハネスブルグ(BA)
ヨハネスブルグ→香港→台北(キャセイパシフィック)
台北→関西(キャセイパシフィック、ビジネスクラス、特典航空券)の予定です。

航空券の日付間違え、LCCのクルラ航空で移動

朝7時30分の予定だったので、宿5時発でタクシーを依頼。早朝は道も空いていて、20分ほどで到着しました。ケープタウンの空港はあまり大きくなくて、まとまってるイメージ。

早くチェックインしてプライオリティパスで入れるラウンジでくつろぎましょ…。

IMG_3495

やたらと発券に時間がかかります

…。

…。

…。

翌日の航空券でした(汗

さて早く飛行機に乗らないとヨハネスブルグからのキャセイパシフィックに乗れない。手元には変更不可の航空券。

急いで南アフリカのLCCであるクルラ航空のチケット売り場へ走りました。早目に空港に着いたのが幸運で、予定よりも早い6時半発のヨハネスブルグ行に乗れるとのこと。約R1600をクレジットカードで払って、「9分後にチェックインカウンターは閉まるから!急いで!」と言われてチェックインカウンターへ。客もまばらなカウンターでなんとかチケットを受け取り搭乗口へ急ぎました。日本円にして約1万2千円の出費は痛かったですが、帰る予定が崩れずでよかったです。

ちなみに後日、適当な日付でHPで調べてみるとR1000くらいでした。

MN100便はバス搭乗。

img_3497

最後尾の席でした。後ろのドアから乗り込みます。

img_3498

普通の機内。結構混雑しています。

img_3499

シートピッチは狭い。シートはモケット張りでした。LCCなので機内食は有料。

img_3502

寝てたら、8時15分頃に着陸。前のドアにボーディングブリッジがつき、後ろのドアにはタラップがつきました。

img_3504

ビビッドな機体が今の自分には憎い…。

img_3506

キャセイパシフィックCX748便の機内食とか

ヨハネスブルグの空港では、プライオリティパスで入れるラウンジで待ちました。イミグレに近いBidvest Premier Loungeとゲートに近いShongololo Loungeに行ってみましたが、前者の方がフード、ドリンク、リカーが充実していて、きれいで広かったです。

時間が近づいてきたのでお土産物屋など適当に見ながらゲートに行きます。

こういうの大阪でも売ってそうですね…。

img_3508

ダチョウの卵に絵付けしたもの。綺麗ですが値段や持ち運びの事を考えると、手が出ません。

img_3507

キャセイパシフィック航空ヨハネスブルグ→香港の機内食。ちゃんと紙のメニューが配られます。

img_3509

img_3510

ランチの写真は撮り忘れました…。肉食べながら映画見ていたような気がします。あんまりおいしくなかったです。エンタメプログラムには、日本語対応している映画が20くらいはあったと思います。

途中で配られたカップ麺。スナック菓子みたいな、ジャンクな味で、好き嫌い別れそうです。

img_3511

到着前の食事。これは普通。ちょっと味が薄い?

img_3512

台北から香港は、往路と同じシートで機内食も似たような感じだったので写真も使いまわし…。

img_3514

往路の搭乗記↓↓↓
台湾新幹線で空港へ。キャセイパシフィック航空でヨハネスブルグ到着。そしてケープタウン(2016台北・南アフリカ③)

台北から関空まではBA(ブリティッシュエアウェイズ)特典航空券でビジネスクラスを利用したのですが、そのことはまた次回。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村