ボ・カープとウォーターフロントを散策!旅行者に人気のエリア(2016南アフリカ⑧)

ドライブを楽しんだ次の日は、旅行者にも人気のボ・カープとウォーターフロントを訪れました。まずは車を返しに行ったのですが、起きてすぐの運転だったため、ウィンカーを出そうとしたのに思いっきりワイパーを動かしていしまいました。。

カラフルな家が並ぶボ・カープ地区

車を返した後は、少し宿で休憩して歩いてボ・カープ地区へ向かいました。

日中は治安もぼちぼちです。歩いて観光できます。ただ、感じの悪い人はいるので最低限の注意は必要です。

IMG_3401

お土産物屋さん。様々な民芸品が並んでいます。

IMG_3402

コップなど可愛いですね。柄もアフリカっぽいです。

IMG_3403

ロングストリートからWale St.に入り、そのまま坂道を上がっていくとこんなカラフルなな住宅街が広がります。

IMG_0256

以前はマレー・クォーターと呼ばれていた場所で、ここにはケープマレーと呼ばれるオランダ統治時代に連れてこられたマレー人の子孫が住んでいます。他にも、モスクやムスリムの生活の様子や歴史を展示したボ・カープ博物館があるみたいです。

IMG_0246

パステルカラーに塗られた家が並んでいます。後ろにはテーブルマウンテンもちらりと見えます。

IMG_0265

なんでこのような色合いになったかははっきりしないようですが、一説によると、奴隷から解放された喜びを表すためにこのような色合いになったとのことです。

IMG_0262

観光客も少し居ます。ツアー客の方々も来ていました。

IMG_0253

広い地域ではないですが、フォトジェニックな光景です。

IMG_0252

ロングストリートから徒歩で10分とかからないので、散歩がてらにぜひ行ってみるといいと思います。

ちなみにヒルトンを目印にして行くとわかりやすいと思います。

IMG_3423

ヒルトンの横の通りの少し山側にカラフルな家々が並んでいます。

IMG_3422




ウォーターフロントは治安も良く綺麗

MyCITIでウォーターフロントへ移動しました。

ドッグで船が整備中でした。なんか寸詰まりに見えますな。チョロQみたい。
港町だということを実感しますね。

IMG_3431

ロベン島の博物館。ロベン島は以前刑務所として使われていた島で、特にアパルトヘイトの政策が行われていた時期には、ネルソン・マンデラも収容されていました。今は博物館として整備されているロべン島へのツアーを申し込もうとしたのですが、3日後までいっぱいでした。私は日程の都合で結局行けませんでしたが、人気なので予約必須です。

IMG_3432

ウォーターフロントをぶらぶらすることにしました。綺麗に整備されていて、ちょっとしたテーマパークみたいです。治安も良い。

IMG_0267

白人はダウンタウンではほとんど見かけなかったのですが、ウォーターフロントでは半分以上が白人。お金持ちってことですね。

IMG_0268

お金持ちが集まるってことは、整備もされていて治安も良い。格差社会を実感します…。

IMG_0269

写真適当。

IMG_0270

ヴィクトリア・ワーフ・ショッピングセンターに入ってみます。
「ららぽーとみたいな感じかな?」 と思ってたのですが、予想以上に綺麗で驚きました。

IMG_3441

ブランド店、レストラン、ファストフード、携帯ショップなどが揃っています。お土産物屋も多少ありました。

IMG_3442

H&Mに入ってみました。なんでこの漢字をチョイスしたのか謎です。

IMG_3438

トレーニング用のシャツらしいです。惜しいです。

IMG_3439

遠足?散歩?中の子供たち。「ニーハオ」って言われました。ごめんなさい違います。

IMG_3446

Karibuという店でランチにしました。ダチョウ肉のソテー。

IMG_3445

牛肉に似た感じで柔らかくておいしかったです。でも盛り付け方が個人的にあんまり好きじゃないかも

スーパーマーケットもあります。

IMG_3447

しばらくモールをぐるぐるしてから、MyCITIをシビックセンターで乗り継いで宿に帰りました。ここの停留所には窓口がありMyCITIのカードを買えるみたいです。

IMG_3448

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村