レンタカーで喜望峰ドライブ(後編)ボルダーズビーチとテーブルマウンテン(2016南アフリカ⑦)

サイモンズタウンでフィッシュ&チップスの昼食を食べた後は、少し南に戻って、ペンギンがいるビーチとして有名なボルダーズビーチに行ってみました。車だと5分くらいです。

ボルダーズビーチでお散歩。ペンギン可愛い…。

中に入らなくても周りの遊歩道を歩くだけでペンギン見れるといえば見れます。

早速いたいた。

IMG_0180

子育て中。親ペンギンはちょっと警戒気味。

IMG_0187

でもやっぱり、ペンギンがたくさんいる所にはちゃんと入場料を払わないと行けないです。

木でできた遊歩道を奥まで行くと、ペンギンがうじゃうじゃいます!
ここにいるのはボルダーペンギンというアフリカペンギン種です。

IMG_0175

空は飛べませんが、泳ぐのはうまいです。でも波が高くて飲まれちゃってます。

IMG_0179

…。

IMG_0191

寝たw 人にも慣れています。

IMG_0192

一人でよちよち歩くペンギン。

IMG_0188

海がきれい。景色も最高にいいです。

IMG_0193

IMG_0195

ただ、これだけペンギンがいると結構くさかったりします。

IMG_0196

…お前誰やwww

IMG_0200

ちゃっかりウミネコが紛れ込んでいます。色も似てるし、バレないとでも思っているのでしょうか??

IMG_0201

追っ払われてましたw ペンギンは縄張り意識が強いんですよね。

IMG_0204




ボルダーズビーチを出発し、来るときと同じM6を通って街に戻ります。来るときは運転に慣れるのに精いっぱいだったので、帰りも景色を楽しみながら帰りました。

IMG_0215

IMG_0210

そして定番のテーブルマウンテンへ。

ケープタウンに着いた日に来ようと思っていたのですが、雲がかかっていたので今日にした次第です。駐車場がいっぱいでしたが、何とか奥の方に空きを見つけて車をねじ込む。

ちなみにMyCITIでも行けます。Kloof Nekという停留所をまず目指し、そことロープウェイ乗り場をピストン運行しているバスに乗り換えます。

さて、一緒に歩いて登るという方が居れば歩いても良かったんだけど、夕方だし、一人だし、素直にロープウェーに乗って頂上まで行くことにしました。ちなみに歩くと3時間かかるそうです。ロープウェイの値段は往復R240で結構高い…。丸い形のロープウェイで、動き出すと床が回りだして、どこに立っていても360度の景色が楽しめます。

こんな感じでVISAのスポンサーを全面に出してます。南アフリカでのワールドカップはVISAがスポンサーだったので、空港とかもVISAの広告すごく多かったです。

IMG_0221

海を照らす夕日がいい感じ。

IMG_0228

喜望峰側の景色。

IMG_0235

地図。都市の方向と距離が書かれています。こっちは日本もある。

IMG_0238

IMG_3377

こちらは市街地側。夜景がきれいなんだろうな…とも思いますが、あいにくロープウェイの運行は夕方までです。

IMG_0241

こちらは山頂からみたライオンズ・ヘッド。海が近いのに急に山がある。面白い地形してます。

IMG_0242

頂上に咲いていたお花。さて、帰りましょう…。

IMG_3382

ぎへあ!

凄い行列。下りのロープウェイに乗るのに30分以上待ちました。とはいえ、雲がかかることが多いと言われるテーブルマウンテンに雲がない日に登れてよかったです。

IMG_3379

下に降りるとすでに帰宅ラッシュ。山のふもとのラウンドアバウトで10分ほど渋滞で待ちました…。この時点で18時過ぎ。

レンタカーは24時間の契約に一応していましたが、使いおわったので返そうとするも、もうレンタカー屋が閉まっている…。同じ宿の方に、「宿の近くのガソリンスタンドに壁付きのガレージがある」と教わっていたものの、満車で使えず。結局、宿の前に路上駐車して朝を迎えました。夜は治安が悪いですからね、いたずらされないか気が気でなかったです。今回は杞憂に終わったのですが、不安な方はガレージを利用されることをお勧めします。

————————————————————————————————————————

↓↓↓宿の地図を乗せています。ガレージがあるガソリンスタンドのshellです。
ケープタウンの宿 Cat and Moose Backpackers Lodgeと街の情報少し(2016南アフリカ④)

↓↓↓ドライブ前編はこちら
レンタカーで喜望峰ドライブ(前編)サイモンズタウンで昼食(2016南アフリカ⑥)

————————————————————————————————————————

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村