中国その1 深圳航空9016便搭乗記と北京ちょっと観光(2015中国①)

旅人なら一度は行きたい(と思うであろう)インド。2015年の10月中旬から11月中旬の約1か月間、旅行したのでその記録を備忘録程度に記しておきます。

利用した航空会社は中国国際航空。往復5万円を切る、中国系であるということを鑑みてもかなり安いチケットでしたが、これは少々訳ありで、往路のみ中国の北京で22時間の待ち時間があるチケットです。てなわけでインド旅行記の最初の記事ではありますが、まずはヒコーキと北京観光のお話し。

まずは深圳航空の北京行に登場です。確か関空を19時ごろに出る便。機材はA320で、比較的新しい機材のようできれいでした。特に遅れもなく、6~7割の席の埋まり具合で普通に離陸。

座席間隔は普通。モニターなどは無し。

IMG_1324

機内食。中華風肉野菜炒め。見た目は悪いですがなかなかおいしいです。まぁ中華料理なので日本人の口には会いやすいのではないかと思います。

IMG_1329

北京では沖止め。10月半ばですが結構寒いです。あとなんか視界が悪いです。空気が悪い。。

IMG_1331

22時間ほど乗り継ぎ時間がありますが、乗継なので当然スーツケースは出てきません。1~2日分は衣類を手荷物に入れておくのが正解ですかね。

で、空港近くのホテルを予約してたので宿泊。4000円くらいです。空港のタクシー乗り場で15分くらい並びまして、タクシーの運転手のおっちゃんに必死でプリントアウトした地図を見せて場所を説明しました。フロントの係員の愛想以外はよかったです。

IMG_1332

翌朝、ホテルの無料送迎で空港に戻ります。こうしてみるとかなりデザイン凝ってますね。

IMG_1335

デリー行きの飛行機の出発は20時頃なので、空港鉄道に乗って街の中心部に繰り出します。空港鉄道の乗車カード。

IMG_1336

何やらかっこいい電車です。ホームドアも整備されていてポイント高いです。

IMG_1337

こちらが地下鉄のカード。

IMG_1339

地下鉄の駅の壁に貼ってあったポスター。「安全に努めてます」みたいなことが書いてあるのでしょうか。それはさておき、左上の電車、何やら見たことがありますね…。(笑)

IMG_1338

地下鉄に乗車していると、こんなものがありました、これ、地下鉄の窓に描かれているのではなく、トンネルの壁のモニター画面があり、広告が映し出されています。パラパラ漫画の様になっていて、中国語はわかりませんが、見ていて少し面白かったです。

IMG_1351

で、電車を乗り継いでやってきたのは天安門です。天安門の近くに行くには、セキュリティチェックがあり、20分ぐらい待たされました。やっぱりいろいろあるんですね。

IMG_7781

にしても人多いです。

IMG_7782

記念写真を撮る団体さん。こういう列がたくさん形成されていました。中国人の方は記念写真的なのが大好きですね。

IMG_1344

近づいてみました。噴水が地味に迫力あります。

IMG_1347

ちょっと移動。どこかでメロンを買い食いしたみたいです。3元くらいだったと思います。おいしかったです。何気に中国初の食事でした。

IMG_1350

天安門近くの繁華街「王府井」にも行きました。この写真は天安門に行く前に撮ったものですが、朝早くて人少なすぎでした。(汗)

IMG_1340

ここには屋台街のようなものがありまして、お昼に戻ってくるとこのような賑わい。IMG_1354

飴を絡めた果物、羊の串揚げなど、3~4品食べました。だいたい5~20元前後で一品食べれます。お手頃です。

こちらは小さいサソリみたいなものの串焼き?味はわかりません。すみません。
IMG_1352

ゴミ箱。普通にここで母親が子供にトイレさせてました。てことで、衛生面などちょっと勇気は必要です。気になる人はやめてる方がいいと思います。まぁ、食べなくても散策ついでに見るだけでも楽しめるとおもいます。時間帯によっては活気もあるとおもいますし、中国のパワーを感じることができるかと。

IMG_1355

北京駅に移動。人がたくさんいます。そして駅前広場が無駄にデカい。

IMG_1357

そして北京駅横から空港行のバスに乗りました。やはりバスより電車で空港に向かった方が時間が読みやすいですし、バス乗り場も少々わかりにくかったです。

次は中国国際航空のA330に乗っていよいよインドに到着です。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村