チリその1 月の谷ツアーに参加!アタカマ砂漠の絶景に感動(2016 南米⑭)

ウユニアタカマ抜けのツアーを終えアタカマに着いて日本人のおばちゃんとお別れします。アタカマは狭い街で10分もあれば端から端まで歩けます。物価は所謂観光地価格で、チリの中では比較的高く、500mlのペットボトルのジュースが140円ぐらいします。
ウユニで日帰りツアーで一緒になった方々とその連れの方と合流し、バスのチケットを買いに行きます。バスについては後述。そのあと一人でツアーなど手配します。

アタカマ砂漠を楽しむにはツアーに参加するのが一般的であり、中心部では旅行代理店が大小たくさんあり、客引きも多少います。日帰りで名所を巡るツアーから2泊3日でウユニに抜けるツアーまで各種あります。ただし、クレジットカード扱える店となると少ないようで、その点は注意が必要です。チリのATMは手数料が非常に高額ですし。

今回私はは月の谷ツアーと間欠泉ツアーに参加することにしました。

月の谷ツアーに参加

着いた日の16時開始の死の谷と月の谷ツアーに参加することに。費用は8000ペソ、解散時刻は日の入りの時刻によって多少前後しますが20時半ごろでした。

入場料が別途必要で3000ペソでした(学生は2500ペソ)お土産物なども多少売ってます。

IMG_2666

まずは死の谷へ行きます。

IMG_9554

名前の由来は、生き物が全く生息していないから死の谷というらしいですが、諸説あるようです。

まぁかなり過酷な環境です。かなり乾燥してるので水分をたくさん持って行かないといけません。

IMG_9560

お次は狭い岩場を歩きます。

途中洞窟のような所に入ったりもします。かなり狭くて大渋滞します。

IMG_2661

こちらはトレス・マリアと呼ばれる岩です。1億年以上かけて自然にできたらしいです。一番左の出っ張った岩が、女性の横顔、真ん中が赤ちゃんを抱えた女性の手みたいです。ほんと??
地面や岩肌に白く見えるのは塩分です。

IMG_9558

そして日没の時間に合わせてサンセットポイントに移動。この日の日没は20時過ぎでした。

IMG_9571

正直あまり期待していなかったのですが、素晴らしい景色です。

マチュピチュやウユニ塩湖に匹敵するかもしれません。

IMG_9574

ここへのツアーは各社から出ているので、多くの観光客が集まっていました。カクテルを売る露店も出ていました。

IMG_9587

そして、日没の直後には背後の山がピンク色に見えるんです!こんな景色なかなかありません!

IMG_9582

思い思いの場所で日が沈むのを眺め、終わったと同時に帰って行きました。

次はアタカマ塩湖のツアーについて書きたいと思います。

この辺にしときます。
続く


にほんブログ村