ボリビアその3 ウユニ塩湖到着!きれいな鏡張りを見に行く(2016 南米⑨)

ラパスからウユニに向かう夜行バスに乗っている続きです。

朝日が見えてきました。あと少しで着くと思ってました。

ボリビアの道路はストライキ多い…

IMG_2489

が。

ストライキのため道路封鎖。だからウユニまで歩けと。

ウユニまでどのくらい時間がかかるかはっきりしない中、とりあえずバスの中のトイレで用を足して荷物を背負います。時刻は午前6時。寒い。荷物が重い。

トラック、バスなど10台ぐらい前に止まっており、十人ほどの市民が道路に石を並べて座り込んで道路封鎖していました。こういうことがウユニではしばしばあるみたいです。で、その後ろには4WDに乗ったツアーの客引きw何度か声を掛けられましたが、ホダカツーリストを使いたかったので、無視しました。結局、バスからウユニまで1時間かかりました。

後から聞いた話ですが、自分より前の便に乗った人は、無事ウユニまでバスで行けたらしく、あとの便の人は2時間以上歩いた、と嘆いていました。ウユニに行くバスはできるだけ早い時間帯のバスがいいかもしれませんね。




ウユニ塩湖へのツアー手配、ホダカツーリスト

ヘロヘロになりながらホダカツーリストに着き、日中のツアーを申し込んだ後、すぐ近くのスペイン語しか話せない主人のゲストハウスになんとか値段を聞きだして投宿。wifiのパスワードも聴取してツアーまで一休みしました。

この時期は卒業旅行には少し早いものの日本人がいっぱいで、私の車も定員いっぱいでした。ちなみに、ホダカはほとんどのツアーで料金が車一台の値段を頭割りするようでした。

出発するとまず長靴を借ります。状態はまぁまぁでしたが、混雑していると自分ぴったりのサイズを探し出すのに少し苦労するかもしれません。

はじめは車はこんな感じの荒野を走ります。ストしていた箇所も道をいったん外れて迂回してパスします。

IMG_9036

IMG_9114

IMG_9040

そして、土産物屋が集まる所でトイレ休憩兼お土産タイム。ドイツ人がトイレチップを値切っていたのが印象的。

IMG_2490

IMG_9038

IMG_2489その後、いよいよエ塩湖に突入です。

IMG_9052

最初はこんな感じのところを走ります。これはこれで美しいです。

IMG_9047

見事な鏡張りと対面

お、少し水が張ってきました。ドライバー同士が連絡を取り合って、あちこち探してくれました。

IMG_9077

ちょっと浅いかも?

IMG_9112

と思っていましたが、いい具合です!

IMG_9092

ウユニ塩湖来てよかった!

IMG_9092

綺麗に映っています。

IMG_9091

IMG_9087

IMG_9082

IMG_9118

IMG_9083

IMG_9206

IMG_9128

はい。人生のタスクを1週間で2つも消化してしまった気分です。(もう一つはマチュピチュ)

一通り水鏡で写真など撮った後はトリック写真を撮るために乾いた所へ移動しました。

IMG_9233

これもきれいです!

IMG_9239

IMG_9245

写真を撮る準備中。恐竜はガイドさんが持って来ています。伊達に日本語の名前を付けているわけではないようですね。しっかりとツボを押さえています(笑)

IMG_9240

IMG_9254

ウユニ塩湖ですが、標高も高く真っ白で日差しが大変強いので、万全の対策が必要です。長袖、長ズボン、帽子、サングラス、日焼け止め、リップクリームなど。私はリップクリームを忘れて悲惨なことになりました。。。あとは、ウユニ塩湖用のズボンが一本必要ですね。かなり汚れます。私は履き古したズボンを持っていき、村のゴミ箱に捨ててきました。是非日焼け対策は万全に整えてから行ってください。

次の日は、朝日を見るツアーに参加しました。

この辺にしときます。
続く。

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村