ボリビアその1 ペルー→ボリビア国境越え。ちょっとだけラパス散策。(2016 南米⑦)

ウロス島から戻った後は、最後のペルー料理としてロモ・サルタートを食べました。実はこの後で何度か口にします…。しかし、この旅でかなり気に入った料理です。ジャガイモも原産国だけあっておいしいです。

IMG_2419

プーノ→ラパス バスで国境超え

さて、翌日は移動日です。プーノから7時発のバスを予約していたので6時にホテルを出てタクシーで向かいました。5ソル。
5分で着いたのでバスターミナルで55分待ちました。

利用したのはパナメリカーナ社でクルスデルスルのバスより若干ランクは下がったもののトイレもついていて、まぁ及第点でした。ツアーバスなので全席指定で旅行者が周りに多いのも良かったです。

天気はあいにくの雨…。天気が良かったらチチカカ湖が見えるはずです。

IMG_2422

お菓子など貪っているうちに4時間ほどで国境へ到着。ボリビアへ向かって歩いているとこんなオブジェが。これが描かれたTシャツなどありますね(買いました)バスの側面にも描かれていました。このロゴってどういう位置づけなんでしょうか?

IMG_8913

この犬、絶対に国境をまたにかけています。

IMG_2439

続いてボリビアのオブジェ。子供が決めポーズ取ってくれました。君も国境超え??

IMG_2441

人だかりができているところが、入国事務所です。

IMG_2442

国境はどこも混沌としていますね。ここでしばらく乗客が手続きを終えるのを待ちました。と言っても15分ほどです。いたってスムーズな国境超えでした。

IMG_2440

国境を出発すると、30分ほどでコパカバーナに到着します。直通バスだと思っていましたが、乗り換えが必要なことが判明。1時間半ほど待たされます。。。

この時間を利用して観光される方も多いですが、私はラパスに着く時間が遅くなるのが嫌だったので、やめました。

IMG_2444

コパカバーナからはボリビアのバスとなり、さらにバスのグレードが1ランク下がったような気がします。トイレもありませんでした。

とはいえ、雄大な山々の間をバスは走ります。

IMG_2446

コパカバーナを出てからおよそ1時間、15時頃にチチカカ湖の湖畔に降ろされました。ここでチチカカ湖を渡ります。バスは平らなボートに乗って湖を渡ります。人は小さなモーターボートに5分くらい揺られることになります。しかし、これが揺れる揺れる…。また、船代はバスに含まれていないので買わなければならず(Bs.2)、このために10分ほど並びました。

IMG_2451

乗ったのは奥の金色のバス。

IMG_8916

バスはあと2時間ほど走ってラパスのバスターミナルに到着です。最後の30分くらいは道が混雑してます。

IMG_2449

ラパスをちょっと散策

で、ラパスに着いたら注意があります。
絶対に声を掛けてくるタクシーには乗らないこと。南米どこでもそうですがラパスでも、短時間誘拐が多く起こっているようです。この旅でも誘拐未遂にあった方と出会いました。タクシーを利用する際には、ラジオタクシーを絶対に利用してください。またバスターミナルには絶対に警官が何人かいてるので、尋ねてみるのもいいと思います。

警官はこんなカーキ色の制服を着ています。黄色のベストは着てない人もいます。

IMG_2460

あ、そうそう。私服の警官はIDとか見せられても相手にしてはいけませんよ。私服の警官(と名乗る奴)はあくまで「名乗る奴」として対応してください。。

注意事項終わり。

私は結局サガルナガ通りまで歩きました(笑)

サンフランシスコ寺院

IMG_2458

その前の大通り。大通りは人通りが多いですが、一本大通りから外れると感じが悪くなります。

IMG_2459

サガルナガ通り。急坂です。

IMG_2457

この日の宿は、サガルナガという地球の歩き方にも掲載している宿に投宿しました。いわゆる安宿ですが、値段の割にはホットシャワーもwifiも朝食もちゃんとあるので良かったです。着くまでが少ししんどいですが。

この後は近くのレストランでチチカカ湖で獲れたという魚を食して就寝。。

次はラパスをサクッと観光してウユニに向かいます。

この辺にしときます。

続く。

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村