ペルーその6 プーノ散策。チチカカ湖に浮かぶウロス島ツアーに参加(2016 南米⑥)

18時ころにマチュピチュからクスコへ戻った後は、旅行代理店でプーノへの夜行バスのチケットを購入し、その足でプーノへ向かうことにしました。

クルス・デル・スルのバスでプーノへ

この移動もクルスデルスル社のバスを購入。55ソル+手数料5ソルの計60ソルで、2列×2列のシートでしたが、快適でした。車内では菓子パンとジュースも出されました。

22時にクスコを出発し、翌朝5時前、まだ夜も明けないプーノに降ろされます。

IMG_2396

バスターミナルでは、数名のおばちゃんの客引きがたむろしており、適当なおばちゃんについていくことにしました。

この日の宿(ダブルルーム)35ソル
ウロス島ツアー45ソル
プーノ→ラパスのバス25ソル

を予約、支払いしました。
リマでは、ドミトリーに35ソルで泊まったので、地方の物価感覚になってます。
部屋はきれいで、wifiもあり、ほっとシャワーもある、これで約1000円なので、お得です。
しかし、4階の部屋を割り当てられたので、階段を上がるたびに息が切れて大変でした。プーノは標高約3850mで富士山より高いですからね。

宿に着いた後はしばらくダラダラして休憩し、昼前から散策と昼食をかねて出歩いてみました。

市場。生活感があります。
生肉はいりませんね。。2階には日用品やアクセサリーなど売ってました。

IMG_8866

翌日の長距離移動に備え、スーパーにも来てみました。飲み物やお菓子など購入。
インカコーラが大量にあります。

IMG_2402

昼ごはんを食べに中級くらいのレストランに入りました。
まずはインカコーラ。賛否両論あるみたいですが私は好きです。
IMG_2399

アルパカのピザ。アルパカの味はわかりませんでしたが、なかなかおいしいです。

IMG_2400

地方都市なのでリマよりも食費が幾分下がります。

ちなみに、クレジットカードですが、バックパッカーに馴染みがあるような安宿や現地ツアー店ではなかなか使えません。レストランやホテルではおおむね中級以上で使えます。大きめのスーパーでは割とどこでも使える印象です。ATMはかなりありますがJCBはほぼ使えませんね。またスキミングの被害もちらほら聞いたので、VISA、Master、AMEXで複数枚クレジットカードを用意することを強くお勧めします。

便利情報終わり。

昼食を終えた後は、夕方のウロス島ツアーまで再びのんびりします。。。

チチカカ湖、ウロス島のツアー

16時頃、迎えが来ていよいよウロス島に出発です。

港からモーターボートで約1時間です。

IMG_8872

ガイドさん。

最初に「英語しかわからん人、手を挙げて~」と尋ねてきて、
ちらほら手を上がってるのを見て「英語で話すの、面倒くさ(笑)」みたいな感じでツカんできます(笑)

IMG_8873

ウロス島の説明を聞いたり、写真を撮ったりで1時間ほどで島に到着。

IMG_8880

IMG_8884

住民の皆さんが手を振って歓迎してくださってます。

IMG_8888

子どもも手伝う

IMG_8891

ウロス島はいくつかの島があります。大雨で流されてくっついたり、けんかして切り離されたりもしているそうです。

今や観光客が訪れるウロス島ですが、その起源には悲しいものがあります。
スペインからの侵略によりインカ帝国が滅びチチカカ湖の湖畔に住んでいた先住民のウル族が追放され、新しい定住の地として作り出したのがこのトトラという葦の一種で作り出した島なのです。

IMG_8892

 

トトラが柔らかく、少し足が沈むような不思議な感触がします。
この葦で家や船まで作っています。私たちにとっては非現実的で驚きなのですが、島に住む人々にとってそれは紛れもなく
ありふれた日常なのですね。

IMG_8893

ウロス島の構造について解説。民族衣装がきれいです。トトラをを刈り、束にしたものをブロック状にして さらに重ねて行くことで島の土台を作っています。トトラが腐ってきたら、また上から新しいトトラを補充していくそうです。

IMG_8896

家の中も見学しました。コンセントと発電機がありました()笑

IMG_2411

日が暮れてきます。。

IMG_8902

こんな感じで民芸品の販売が始まりました。押し売りの雰囲気はあまりありません。
島の人々の食料は主に魚で、漁業で主に生計を立てているとのことなのですが、このような観光収入も比率が多きうなっているのかもしれませんね。

IMG_2427

みなさん思い思いの時間を過ごしています。

IMG_8903

この後、トトラ製の舟「バルサ」にも乗せてもらいました。(有料)

IMG_8905

猫。君、どこから来たの?

IMG_8910

IMG_2415

帰ったら日はとっぷり暮れていました。
多分ぼられてはいませんよ。たぶんね(笑)

IMG_2417

次はプーノからラパスへ国境超えです。

この辺にしときます。
続く

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村