ペルーその1 旅程のざっくりした説明と遅延でシェラトンに泊まった話(2016 南米①)

かねてより行ってみたいと思っていた南米。もうまとまった時間が取れるのは最後のチャンスと思い、 いっそのこと1か月と少しの時間を費やし2016年の1月から2月初旬にかけて旅をすることにしました。

絶対に行きたいのはベタすぎるけどペルーのマチュピチュとボリビアのウユニ塩湖。
となるとおのずと時期も日本の冬にと決まってきます。
どうせ南米まで行くなら予算もかかりますが、イースター島にも行ってみたいとなり、
結局の旅程はリマ(ペルー)→クスコ→マチュピチュ→プーノ→ラパス(ボリビア)→ウユニ→アタカマ(チリ)→サンティアゴと陸路で巡り、最後にイースター島へ飛ぶというなかなかハードなものになってしまいました。

で、時間もあるのでアメリカかヨーロッパのどこかに寄りたいとさらに欲が出てきます。
西海岸のサンフランシスコ発着とか、ニューヨーク途中降機とかいろいろ調べるうちに、スペイン⇔南米が安いと気づきます。さすが同じスペイン語圏。ということで南米のおまけの観光地はスペインのバルセロナに決定。

バルセロナ→リマ、サンティアゴ→バルセロナのオープンジョーチケットをアメリカン航空で8万5千円ぐらいで押さえ、その後成田⇔バルセロナをアエロフロートロシア航空で押さえました。冬のロシアはオフシーズンですから、この時期は非常に安く、5万円弱でした。

最後にLAN航空のチリ本土⇔イースター島の航空券を9万円ほどで買いました。
この区間のチケット、LAN航空の独占状態ということで、かなり価格が高いのですが、チリ版のLAN航空の公式HPから買うと少し安いみたいです。当然スペイン語になりますが興味のある方は頑張ってみてください。。。

わかりにくいのでこれ往路
map1

復路
map2

あほみたいですね。でも安くなったしバルセロナもおまけで観光できて後悔はしてないです。

航空券のほか、私は関西在住ですので、大阪→東京の夜行バスと帰りのLCC国内線、
あとリマの最初の宿とイースター島の宿を確保して出発です。



アエロフロートでモスクワ経由バルセロナ

電車で大阪梅田に行き、駐車場から出る夜行バスに乗り込みます。八重洲の駐車場についた後は東京駅までちんたら歩いて1000円のバスで成田空港に行きました。

こちらがアエロフロート航空の座席。欧州ツアーと思われる方もちらほらいて、ほぼ満席でした。オレンジと紺の色遣いがかわいらしかったです。

IMG_2236

シートピッチは狭めです。ちなみに私はかなり長身で184㎝あるので参考になるかどうか(笑)

IMG_2234

機内食一回目。

これなんでしょう?写真見ても思い出せません。芋か豆のペーストっぽいですね。

おいしかったという記憶はあります。「サラダ枠」の寿司も良かったですね。

どうでもいいですが外資の航空会社はサラダと一緒に刺身や寿司が入っていることが結構あります。

IMG_2232

機内食二回目。パスタの上にピザの具みたいなのがのってます。おいしい。

この間にアイスバーも配られました。

IMG_2237

モスクワでは気温マイナス15度にも関わらず「沖止め」

IMG_2987

モスクワ→バルセロナの機内食
IMG_2239

肉炒め。おいしくない…。やっぱり日本積みだったからおいしかったんでしょうか…。
バルセロナには夜11時ごろに着き、翌8時ごろの出国まで空港泊となりました。
ターミナル自体は夜中も空いていますが、椅子や床に横になっている人は係員に起こされていました。
どうもそういう方針のようですね。私はあまり眠くなかったので読書していました。

マイアミで乗り継ぎ失敗、ホテルへ…。

翌朝6時ごろにカウンターーが開くのを待ってそそくさと出国、プライオリティパスで使えるラウンジへ。
ここからマドリードまでとマドリードからマイアミへはイベリアスペイン航空運航です。

マドリードまでは国内線で機内食、ドリンクは有料、シートピッチもLCCのそれのようでした。
ラウンジ使えてよかった(^^;)
バルセロナからマイアミへはA330で、10時間ほどの飛行です。

しかし、上空に上がったとたんに嫌なアナウンスが…。
「機長ですー。西からのジェット気流が強いから1時間ぐらい遅れるで~。乗り継ぎの事は降りてから聞いてね~(英語)」

乗り継ぎ時間がもともと2時間あったので、それが1時間になるだけだ、と、アメリカの空港をなめてました。その時は。
まぁ考えてもしゃぁないので、ご飯とかゲームとか、あとは地球の歩き方を読んだりしていました。

モニターは最新ですね。
IMG_2243

前後間隔もまぁまぁある。

IMG_2242

ご飯もぼちぼち。辛くはないですよ。トマトソースみたいなの。
IMG_2246

タッチパネルでテトリスはやりにくそうですね(笑)
IMG_2430
結局着陸したのは17時過ぎ。次の飛行機は18時過ぎ。これがアジアの空港ならアテンドが一緒に走ってくれて乗り継げますよね?

しかし、飛行機降りるとしっかりと名前が張り出されていました。。。
たぶん20人ほどの名前があったと思います。。

スタッフに「ユー ミス フライト(乗り遅れ)」
とめっちゃゆっくり言われました。

わかるっちゅうねん。

その後、
「ゴー シェラトン」

って。

シェラトン???

バックパッカーとは縁のないようなホテルの名前が出てきてちょっとうれしかったです(笑)

ちゃちゃっと入国してホテルに行きたい所でしたが、入国審査、荷物受け取り、税関に1時間半かかりました。

アメリカでの乗り継ぎって一部を除いて入国審査、荷物の預けなおしをしないといけないので、 これは1時間で乗り継ぎ無理でしたね。。でも電子ビザ代払ってるんだから入国審査はもっと待ち時間が少なくなるよう鋭意努力して頂きたい。

結局ホテル送迎のバンが満員で一台余分に待たされ、ホテルに着いたのは飛行機降りてから2時間経ってました。

でもベッドふかふか!
IMG_2259

無題
wifiもすごく早かったのでずっとYoutubeで動画見てました。

ネット使ってるうちに魔がさして、泊まってる「シェラトン・マイアミエアポートホテル」の値段を調べたりもしました。(笑)

ペルーの一泊目の宿が、9ドルのドミトリーだったので少し落ち込みました。(笑)20分の1くらいでした(笑)

次は、ペルーの首都リマの観光の事とか書きたいと思います。
この辺にしときます。
続く。

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村