楽天プレミアムカードは旅人に必須のクレカ!プライオリティパスでラウンジ使い放題!

さてさて、旅人が持つべきクレジットカードといえばズバリ、楽天プレミアムカードではないでしょうか。楽天プレミアムカードは楽天カードの上位クレジットカード(ゴールドカードに相当)で、年会費は10,800円(税込)です。楽天プレミアムカード会員はプライオリティパスに無料で申し込むことができ、これを使えば世界の120ヶ国・地域、400以上の都市、850ヵ所以上の空港VIPラウンジが使い放題になります!



ラウンジはメリットいっぱいで、飲み物や軽食、wifiサービス、シャワーなどがあり、快適な待ち時間を過ごすことができます。また、空港における盗難のリスクも減らせるかと思います。さらに、海外のハブ空港は、一つの空港の中にプライオリティ・パスが使えるラウンジが複数箇所ある空港も多いです。仁川、シンガポール、バンコクなどのハブ空港を利用する場合、プライオリティ・パスは大活躍します。

securedownload

ところで、プライオリティパスは、年会費とサービス内容によって、スタンダード、スタンダード・プラス、プレステージというランクが設けられており、このうち、最上級がプレステージとなっています。ちなみに普通にプレステージ会員になるには、年会費US$399がかかります。

しかし、楽天プレミアムカード会員なら、本来US$399のプライオリティパスのプレステージ会員資格を無料でゲットできます!これはお得ですね!プライオリティパス提携ラウンジは、カードラウンジのようなものから、レストランと間違えるような充実したものまで幅広いですが、持っていて損することはありません。

さらに、楽天プレミアムカードは、前述のプライオリティパスで使えるラウンジとは別に、国内主要空港28港とホノルル国際空港、ソウル仁川国際空港のラウンジとも提携しており、カードを提示するだけでラウンジが無料で利用できます。搭乗までの待ち時間をラウンジ内でゆっくり静かに過ごせます。

国内空港の有料ラウンジは、1回の利用につき1000円ほど取られます。それが毎回無料になります。頻繁に飛行機を利用する人にとっては大変ありがたいですね。

もちろんチケットがエコノミークラスやLCCの場合でも、ゆったり過ごしたり食事を楽しんだりできる空港ラウンジが、プライオリティパスを提示するだけで利用可能になるのです!飲み物や軽食・スナック、インターネットサービスなどがあり、フライト前の一時を快適に過ごせます。

最初は「毎年10,800円も払う価値はあるのか?」と思っていたのですが、そんなことないと気づきました。私もこのカードを貧乏性がばれない程度に(笑)使い倒していきたいと思います。また、ラウンジを利用した際には記事にしたいと思っています。

 ←押していただけると励みになります
にほんブログ村

楽天プレミアムカードについてはこちら↓

ハピタスを経由するとさらにポイントがもらえます↓
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス